BUKATSUP(ブカツアップ)
サービス利用規約

この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社スポタス(以下、「当社」といいます。)が提供する「BUKATSUP(ブカツアップ)」サービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。本サービスへの利用登録を希望する法人(以下、「利用企業」といいます。)は、本規約の内容に同意のうえ本サービスを利用するものとします。

第1条(適用)

1.本規約は、利用企業およびメンバーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用され、当社および利用企業間の本サービスの利用契約を構成するものとします。
2.当社が本ウェブサイト上に掲載する個人情報保護方針(https://www.spotas.jp/policy)は、本規約および利用契約の一部を構成するものとします。なお、個人情報保護方針と本規約との間に矛盾または齟齬がある場合には、本規約の定めが優先するものとします。
3.利用企業は、本サービスを利用するメンバーに本規約を遵守させるものとします。

第2条(定義)

本規約において使用する用語の定義は、別途定める場合を除き、以下の通りとします。
(1)BUKATSUP
当社が「BUKATSUP(ブカツアップ)」と称するウェブサイトを通じて利用企業に対して提供するインターネットを利用したサークル・クラブ活動管理支援サービスの総称をいいます。
(2)メンバー
利用企業が所属する役員および従業員(正社員であるか否かを問わず、出向社員や派遣社員を含む。以下同じ)付与するユーザーIDを保有する者。メンバーは本サービスを通じて、サークル、イベント(「サークル」、「イベント」の用語については以下に記載)を作成すること ができます。
(3)サークル
メンバーを対象としたサークル活動を行うための団体のことを指します。メンバーは本サービスを通じて、サークルを作成することができます。
(4)イベント
メンバーが参加できる活動について告知するページのことを指します。メンバーは本サービスを通じて、イベントを作成することができます。
(5)ダッシュボード
利用企業側が、社内のサークル活動・イベント活動の状況を把握するための管理画面のことを指します。管理画面の権限は、当社から利用企業に対して付与致します。

第3条(利用契約の成立)

1.利用企業は、本規約の内容を理解し同意のうえ、当社が別途発行する申込書に所定事項を記入した上で当社へ提出するものとします。
2.本サ-ビスの利用契約は、当社が前項の申込書を受領することをもって成立するものとします。なお、本利用契約の成立により、当社は管理者向けにIDおよびパスワードが記載された通知を発行することで利用企業に対して本サービスの提供を開始します。
3.本サービスへ利用登録をすることができるのは法人のみであり、個人は利用登録できないものとします。

第4条(企業ID、メンバーIDおよびパスワードの管理)

1.当社は、利用企業に対し1つの企業IDを発行します。
2.利用企業は、自己の責任において、本サイトの企業IDおよびパスワードを管理するものとします。
3.利用企業は、所属する役員および従業員に対してメンバーIDを付与するものとします。
4.利用企業は、自らに所属する役員および従業員にメンバーIDを使用させる場合を除き、メンバーIDおよびパスワードを第三者に使用させ、または譲渡、貸与、名義変更等をすることはできません。当社は、メンバーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致して本サイトにログインされた場合には、そのメンバーIDを当社から付与されているメンバー自身による利用とみなします。
5.当社は、企業ID、メンバーIDおよびパスワードの紛失や第三者による使用等により、利用企業およびメンバーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても、一切の責任を負わないものとします。

第5条(利用料金および支払方法)

1.利用企業は、本サービス利用の対価として、別途当社が定める利用料金を、当社が指定する方法により支払うものとします。
2.利用企業が利用料金の支払を遅滞した場合には、ユーザーは当社に対し年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第6条(禁止事項)

利用企業およびメンバーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。
(1)法令または公序良俗に違反する行為
(2)犯罪行為に関連する行為
(3)当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
(4)当社の本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
(5)他の利用企業およびメンバーに関する機密情報・個人情報等を収集または蓄積する行為
(6)他の利用企業およびメンバーに成りすます行為
(7)本サイト内のコンテンツを他のサイトに転載その他本サイト外で当社の許諾を得ずに無断で利用する行為
(8)当社のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(9)その他、当社が不適切と判断する行為

第7条(本サービスの提供の停止等)

1.当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、利用企業およびメンバーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
(2)地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
(3)コンピュータまたは通信回線等が事故、障害その他の事由により停止した場合
(4)その他、当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
2.当社は、前項に基づく本サービスの提供の停止または中断により、利用企業およびメンバーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても、一切の責任を負わないものとします。

第8条(利用制限および登録抹消)

1.当社は、以下の場合には、事前の通知なく、利用企業およびメンバーの本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し、または利用契約を解除することができるものとします。
(1)利用企業およびメンバーが本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2)利用企業およびメンバーの本サービスへの登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
(3)その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
2.当社は、本条に基づき当社が行った行為により利用企業およびメンバーに生じた損害について、一切の責任を負いません。

第9条(秘密保持)

当社および利用企業およびメンバーは、本サービスの利用・提供または利用契約の履行に基づき知り得た相手方の一切の情報(以下、「秘密情報」といいます。)を、本サービスの利用・提供または利用契約の履行以外の目的に使用してはならず、また、相手方の書面による承諾なく第三者に開示・漏洩してはならないものとします。ただし、以下に該当する情報は、個人情報を除き、秘密情報に含まれないものとします。
(1)開示の時点で既に公知のもの、または情報の受領者(以下、「受領者」といいます。)の責めによらずして公知となったもの
(2)開示を行った時点で既に受領者が保有しているもの
(3)受領者が第三者から機密保持義務を負うことなく正当に入手したもの
(4)受領者が独自に開発したもので、開示された情報によらないもの

第10条(権利の帰属)

1.利用企業およびメンバーが本サービスの利用にあたり投稿した原稿の文章、画像、音声等の情報は、当該著作物たる情報を創作した著作者または著作権者、その他当該権利に関する正当な権限を有する者に帰属するものとします。
2.利用企業およびメンバーは、本サービスの利用にあたり投稿した原稿の文章、画像、音声等の情報については、当社に対し、当社および当社グループ企業内でサービスのご案内または告知等を行う目的で利用する場合および本条第6項に定める場合において、日本の国内外において、無償で、非独占的に使用、複製、編集、改編、掲載、転載、公衆送信、頒布、販売、提供、譲渡、貸与、翻訳・翻案などができる権利及び二次的著作物の利用に関する原著作権者の権利(著作権法21条ないし28条の権利)を許諾します。また、利用企業およびユーザーは、当社に対して著作者人格権を行使しないものとします。
3.利用企業およびユーザーは、自らが本サービス利用にあたり投稿した原稿の文章、画像、音声等の情報について、第三者の複製、公衆送信、頒布、翻訳・翻案等に関する著作権法上の権利を侵害していないことを表明し、これを保証します。
4.利用企業またはユーザーが投稿した情報について第三者から権利侵害の主張があった場合には、当該利用企業が自らの費用と責任において対応するものとします。この場合において、当社は、権利侵害の有無を問わず、当該情報を本サービスから削除することができます。
5.本条の規定は、利用企業が本サービスの利用を停止あるいは退会した後も、なお有効に存続するものとします。
6.当社は、利用企業またはユーザーの事前の承諾を必要とせず、本ウェブサイト上で当社が適切と判断する方法にて利用企業およびその利用するサービスの内容について分類または順位をつけて掲載することができるものとします。また、当該分類または順位に応じて、利用企業に種別を設けて、それぞれの利用企業に異なるサービス形態で、本サービスおよびこれに関連するサービスを随時提供できる権利を有します。
7.当社は、本サービスにおいて、利用企業の利用動向を調査する為にGoogle Analyticsその他これに類するツールを用い、統計的な利用情報の取得及び記録をしています。Google Analytics 関しては、下記をご確認ください。https://www.google.com/analytics/
8.当社は、利用企業に適切な広告を配信するために必要な範囲で、利用履歴を第三者に提供することができるものとします。なお、提供する利用履歴に含まれる情報は個人を識別、特定できないものであり、これにより当該第三者がユーザーの個人情報を取得することはありません。
9.当社は、利用企業に対して本サービスに関連する他のサービスの告知等を行うために必要な範囲で、利用企業の登録情報およびそれらの利用履歴に関する情報を当社グループに属する他の企業に提供することができるものとし、利用企業はあらかじめ当該提供に同意するものとします。

第11条(免責事項)

1.当社の債務不履行責任は、当社の故意または重過失による場合を除き、免責されるものとします。
2.当社は、何らかの理由によって責任を負う場合にも、通常生じうる損害の範囲内かつ、利用料金(継続的サービスの場合には1か月分相当額)の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。
3.当社は、本サービスに関して、利用企業およびメンバー間または第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。
4.当社は、本サービスが利用企業またはユーザーの期待する機能・品質・効果を有すること、または本サービスが利用企業またはユーザーの特定の利用目的に適合した内容を有することを保証するものではありません。
5.当社が本サービスに関連して提供するそれぞれのサービスや情報について、当社はその完全性、正確性、有用性を保証するものではありません。また当該情報や利用企業またはユーザーから提供された情報に起因する損害(身体的、精神的、財産的損害を含む)が利用企業またはユーザーに発生した場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
6.当社は、サークル、イベントまたはそれらのダッシュボード上での管理に起因して利用企業、ユーザーまたは第三者に生じたトラブル、紛争および損害等について一切の責任を負いません。
7.当社は、本サービスに関連して利用企業およびユーザーがサーバーにアップロードしたデータの完全性を保証するものではなく、当該データの保存・管理に関する一切の責任を負いません。

第12条(サービス内容および利用規約の変更等)

1.当社は、当社の裁量により本サービス内容および本規約を変更することができます。
2.当社は前項による本サービス内容または本規約の変更にあたり、変更の効力発生日の5日前までに、変更する旨・変更後の内容および効力発生日を、利用企業およびメンバーに通知するものとします。
3.変更の効力発生日以降に利用企業およびメンバーが本サービスを利用したときは、利用企業およびメンバーは、当該変更に同意したものとみなします。

第13条(サービスの提供終了)

1.当社は、必要と判断した場合には、終了日の30日前までに利用企業に通知することにより、本サービスの提供を終了することができるものとします。
2.前項の場合、本サービスの提供終了と同時に利用契約は終了するものとします。このとき、利用契約終了日の属する月の翌月以降の利用料金について既に利用企業が支払い済みである場合には、当社は利用企業へ当該料金を払い戻すものとします。なお、利用料金の日割計算は行わないものとします。

第14条(利用企業からの解約)

利用企業は、利用契約の解約を希望する場合は、当社所定の方法により解約希望月の前月末日までに当社へ申し出るものとします。なお、解約日は解約の申し出のあった日の翌月末日とします。

第15条(利用契約の解除)

1.当社は、利用企業が本規約に違反し、相当期間を定めた是正の催告にもかかわらずなお、当該期間中に違反を是正しないときは、利用契約を解除することができるものとします。
2.当社は、利用企業が以下の各号の一に該当した場合は、何らの催告を要することなく、直ちに利用契約を解除することができるものとします。
(1)支払停止、支払不能を推認させる事由が存在しまたは公租公課の滞納処分を受けたとき。
(2)財産上の信用にかかわる差押、仮差押、仮処分を受け、または競売、強制執行処分を受けたとき。
(3)破産、民事再生等の手続開始の申立があったとき。
(4)財産状態が著しく悪化し、またはその恐れがあると認められるとき。
3.前2項により利用契約が解除された場合で、利用契約に継続的サービスの利用が含まれる場合であっても、当社は解除月の利用料金の日割り計算は行わないものとします。

第16条(反社会的勢力の排除)

1.当社、利用企業およびユーザーは、自ら(主要な出資者、役員、およびそれに準ずる者を含む。)が暴力団、暴力団員・準構成員、暴力団関係企業、特殊知能暴力集団の関係者その他公益に反する行為をなす者(以下、「反社会的勢力」といいます。)でないこと、過去5年間もそうでなかったことおよび反社会的勢力と資金提供、便宜供与その他いかなる関係も有しないことを表明し、かつ将来にわたっても反社会的勢力とのいかなる関係も有しないことを誓約するものとします。
2.当社、利用企業およびユーザーは、自らまたは第三者を利用して、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為、およびその他これらに準ずる行為を行わないことを誓約するものとします。
3.当社または利用企業は、相手方について第1項の表明に反することが判明した場合または前2項の誓約に反した場合、何らの催告を要せず直ちに利用契約を解除できるものとします。なお、この解除によって生じた損害については、解除当事者は責任を負わないものとします。

第17条(通知または連絡)

利用企業と当社との間の通知または連絡は、本サイトへの掲示または電子メールによって行うものとします。

第18条(分離可能性)

本規約の一部が法令その他に基づき無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約のその他の部分についてはなお有効に存続するものとし、利用企業またはユーザーおよび当社との契約関係に有効に適用されるものとします。

第19条(権利義務の譲渡の禁止)

1.利用企業は、当社の書面による事前の承諾なく、本規約に基づく本サービス利用契約上の地位または本規約に基づく権利及び義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。
2.当社は、本サービスに関する事業を第三者に譲渡または承継した場合には、当該譲渡または承継に伴い、本規約に基づく本サービス利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務ならびに利用企業およびメンバーの登録事項に関する情報を、当該譲渡の譲受人または承継人に譲渡、承継することができるものとし、利用企業およびメンバーは当該譲渡、承継にあらかじめ同意したものとします。

第20条(準拠法・裁判管轄)

1.本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
2.本サービスまたは利用契約に関して紛争が生じた場合には、訴額に応じて東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

附則
この規約は2019年12月1日から実施します。
2020年1月31日改定・適用